デザイン事務所 ブランディング・ロゴマーク制作会社 デザインエイエム

お問い合わせ

2014年7月アーカイブ

hon0731.jpg

発売から10日。
いろんな方が、ブログやFacebookなどでご紹介いただいているようで
大変ありがたいです。

個人的なメールやお電話もたくさんいただいています。
「ぐっと来ました!」「よく形にしてくれました!」「間違いなく売れます!」
「サインください!」「泣かされました!」(笑)
腑に落ちる部分は人それぞれに違うようで、面白いですね。

表紙のアボガドの意味、1枚目をめくったところに隠されています。

カバー裏にはこう書かれています。

●なぜ、「大事な要素」を伝えもらしてしまうのか?
●情報を「主役」「脇役」「エキストラ」に分ける
●「ノイズ」に気をとられると、ゴールを間違える
ロゴデザインの第一線で25年間活躍している著者の独自メソッド。

Amazonレビューでも、ぜひ生の声をご覧ください。(こちら→
レビューいただいた皆さまも、ありがとうございます!

ぜひ、お手にとってご覧ください。

hon200.jpg

間もなく本が出版されるにあたって、
せっかくなので本をお贈りして読んでいただこうと、
先日連絡したのは、中学時代の美術の先生。

「デザイナー」という職業があることを教えてくれた方。
(私の生まれ育った瀬戸内海の小さな島には、そんな横文字の職業の人はいない。笑)
「デザイナーになったら?」と初めて勧めてくれた方。

メールをお送りしてみると、すぐに返事があり、お話ができた。
たしか32年ぶり。
思ったよりお元気そうで良かった。
私の中学時代の作品(レコードジャケットのデザイン)をはっきり覚えていてくれて、
「あれは本当に素晴らしかった」と言ってくれた。

本当にありがたいことです。

思えば、そんないろんな方々のお世話になり、今がある。
もう少し思い出してみよう。

amazonでも掲載が始まったようです。(こちら→)

7C.jpg

7/20発売の『本質を一瞬で伝える技術』
ウラ表紙の帯には、こう書いています。

「7つのC」で
本質が見える!伝わる!

CHAPTER1
よく見る/ Checkout

CHAPTER2
受け止める/Catch

CHAPTER3
考える/Consideration

CHAPTER4
つくる/Creation

CHAPTER5
吟味する/Careful Consideration

CHAPTER6
直す/Correction

CHAPTER7
伝える/Communicate


これがそのまま、大きな目次です。

パッとしない人は話が長いし、言ってることがよくわからない。
それは「本質」が見えていないから。
本質を一瞬で伝える思考法とアウトプットの技術。

ぜひ手にとってやってください。
よろしくお願いいたします!

カテゴリー

アーカイブ

リンク

pagetop